二つの観点での比較が重要な東京で引っ越ししたときのレンタカー手配

大学生活を終えて引っ越しをしたときにレンタカーを借りました。東京都内での引っ越しだったので移動距離も短く、独身なので荷物も少ないから自前で行おうと考えたのです。引っ越し業者に依頼するよりもできるだけ安い料金にするために料金比較を工夫して行いました。

レンタカーで東京都内で引っ越しをするときに事前に考えたこと

東京都内での引っ越しを自前で行おうと考えたときに、レンタカーを手配する前に考えておいたことが二つあります。まず、レンタカーを返すときの手続きについて考えました。引っ越し先で乗り捨てができ利でガソリン代も節約することができますが、乗り捨て料金がかかるレンタカー会社も多く、そもそも乗り捨てができないレンタカー会社もあるからです。どちらを選んだ方が安いのかを比較することにしました。もう一つ考えたのが車に積載できる荷物の量と借りる時間のバランスです。小さめの車を借りて二往復以上するのと大きめの車で一往復で済ませるのとではどちらの方が安いのかを考えてレンタカーの車種と料金の比較を行いました。

乗り捨て無料のレンタカー会社の費用対効果は高くてすぐに決定

乗り捨てをするかどうかについては比較してみるとすぐにどちらの費用対効果が高いかは一目瞭然ですぐに決まりました。乗り捨てをしないとすると片道分の交通費とガソリン代に加えてレンタルする時間についても長くしなければならない可能性があります。簡単に計算できる片道の電車賃に大雑把に距離から計算したガソリン代を加えてみるとそれだけで二千円近くなることがわかりました。乗り捨て料金がかかるレンタカーを借りたとしても、時間も延長して借りることになったら乗り捨てをした方が安いのは明らかでした。そのため、東京でも比較的安いレンタカー会社で引っ越し先までの乗り捨て料金が無料になる会社があったので会社はそれで決定しました。

時間的に考えて計算した結果として選んだ一往復半の引っ越し

引っ越しのために何回行き来をするかで悩んだのですが、結論としては二回に分けてレンタカーで荷物を運ぶことにしました。作業と運搬にかかる時間を考えると片道だけであったとしても6時間ではやや心配なので12時間で借りておきたいというのが私が到達した結論です。その時間があれば一往復半をする余裕はありそうだったので、車種として小さめのものを選んで二回に分けて運ぶことにしました。一般的な乗用車を選んで二回で運ぶか、大型のバンで一回で運ぶかという選択だったことから、私が選んだ東京のレンタカー会社の場合には12時間の料金には二倍近い開きがありました。そのため、ガソリン代を考慮しても小さい車を借りた方が安いという結論に達したのです。