カテゴリーアーカイブ: 格安

東京のレンタカーの相場と最安値は?大手と格安業者の比べ!

物を購入するときには値段を見ることはとても重要なことであり、比較して検討することも多くなります。そのようなときに重要なことは、その値段が高いのかお得なのかを知っておくことであり、相場を知らなければ損をすることになりかねません。そのため相場を調べることは重要なことであり、これは買い物以外でも言えることになります。

大手業者の相場とは?

物をレンタルすることも、それぞれの品目によってある程度の相場は決まっており、その値段は正しいのか高い場合は何か特典があるのかなど自分が納得いく理由が必要になります。レンタルと言ってもさまざまありますが、高額になるものの一つにレンタカーがあります。東京などで車を使用したい場合には、所有している人も限られてくるので車を借りることになりますが、その際にも値段の相場があり、それを把握しておく必要があります。そのためには、大手業者と格安で提供してる業者が存在することを理解しておくことが大切です。

まず大手業者の料金ですが、一番安いものは軽自動車を借りるときになります。また、借りる際の最低時間が6時間からとなっており、相場は5000円前後となっています。またその次に低料金なものが乗用車の排気量が1000ccなどの小さいものになり、5500円前後となり場合によっては軽自動車を借りるよりも安いこともあります。このように大手業者では5000円前後から借りることができますが、メーカー系列などのレンタカーやリース事業であることもあり、メーカーや関連会社の車種に特化されていることが多いため、好きなメーカーのものに乗りたい場合になどに利用しやすいものになります。

中古車を利用している業者は安い

一方で格安なものは、中古車を利用したレンタカー事業であるものがほとんどになります。中古車であるため業者側が車を用意する際の費用を抑えることができ、費用を削減することにつながります。しかし、中古車を利用しているため禁煙車を予約しにくかったりするため、注意が必要になります。またガソリンスタンドが運営しているところもあり、設備や人件費を減らし低価格で提供できるようになっています。そのような格安の業者ですが、同じように安いものは軽自動車や排気量が小さい乗用車となり、2500円前後から利用することができます。

このような値段は、一般の値段であり会員になれば割引されるため、より安く利用することができます。会員になる際は、使用頻度を考慮して損をしないようにしましょう。

東京への旅行でレンタカーにかかる費用を最小限に安くした方法

東京に旅行に行くときに往復にも現地での行動にもレンタカーを使いたいと考えていました。どのようにすればレンタカーを借りるのにかかる費用を最小限に抑えられるかを考えて試してみた方法があります。安いレンタカー会社を二つ使い分けてみたのが正解でした。

東京に旅行に行くときにレンタカーを借りるために立てた計画

安いレンタカー会社を使って東京に旅行に行こうと考えたときに、滞在予定の三日間借りたままにするのはあまり合理的ではないと思いました。東京での行動でもレンタカーを使いたいとは思っていましたが、一日中使うわけではないと考えたからです。東京のように駐車場の料金が高いエリアではレンタカーで移動する度に駐車料金がかさんでしまいます。さらに借りたままにしているとホテルでも駐車料金が発生してしまいがちです。使っていない時間がもったいないので、東京までレンタカーで行ったら返却してしまい、必要なときにだけレンタカーを借りて利用しようという計画を立てました。これで駐車料金も最小限にできると考えたのです。

二つの安いレンタカー会社を使うことで格安にできたレンタカー料金

実際に東京でいつレンタカーが必要かと考えると郊外に行きたいと思っている日の半日ほどで十分だとわかりました。そのため、現地ではその半日だけ借りるのに安いレンタカー会社を選び、往復についてはワンウェイ利用ができるレンタカー会社の中から安い会社を選べば良いという結論になったのです。また、往復のときには荷物が多いのと距離が長いので運転しやすい普通車を選びました。東京での行動では荷物が少なく、小回りが効いた方が便利なのでコンパクトカーを選ぶという形で車を使い分けることができたのもメリットと言えます。これによってただ料金が安いだけでなくケースバイケースで快適に乗れる車を使用することができました。

工夫をした割には料金的なメリットが大きくなかったのも事実

レンタカー料金をできるだけ安くできるように工夫をしたつもりでしたが、結果的に見ると必死に計画を練って時間をかけた割には料金的なメリットはそれほど大きくはありませんでした。もともとレンタカー料金が比較的安いので工夫をしても安くできたのが2000円程度にしかならなかったのです。ワンウェイ料金が発生したり、借り直したことによって余分に費用がかかっていたりするためにメリットが少なくなっていたと言えます。どちらかというと駐車料金が安くなった方が大きく、トータルとしては随分安くなりました。東京滞在にかかる費用を安くするという考え方で活用すると良いのが、往復に使うレンタカーと現地での移動に使うレンタカーを使い分ける方法です。

二つの観点での比較が重要な東京で引っ越ししたときのレンタカー手配

大学生活を終えて引っ越しをしたときにレンタカーを借りました。東京都内での引っ越しだったので移動距離も短く、独身なので荷物も少ないから自前で行おうと考えたのです。引っ越し業者に依頼するよりもできるだけ安い料金にするために料金比較を工夫して行いました。

レンタカーで東京都内で引っ越しをするときに事前に考えたこと

東京都内での引っ越しを自前で行おうと考えたときに、レンタカーを手配する前に考えておいたことが二つあります。まず、レンタカーを返すときの手続きについて考えました。引っ越し先で乗り捨てができ利でガソリン代も節約することができますが、乗り捨て料金がかかるレンタカー会社も多く、そもそも乗り捨てができないレンタカー会社もあるからです。どちらを選んだ方が安いのかを比較することにしました。もう一つ考えたのが車に積載できる荷物の量と借りる時間のバランスです。小さめの車を借りて二往復以上するのと大きめの車で一往復で済ませるのとではどちらの方が安いのかを考えてレンタカーの車種と料金の比較を行いました。

乗り捨て無料のレンタカー会社の費用対効果は高くてすぐに決定

乗り捨てをするかどうかについては比較してみるとすぐにどちらの費用対効果が高いかは一目瞭然ですぐに決まりました。乗り捨てをしないとすると片道分の交通費とガソリン代に加えてレンタルする時間についても長くしなければならない可能性があります。簡単に計算できる片道の電車賃に大雑把に距離から計算したガソリン代を加えてみるとそれだけで二千円近くなることがわかりました。乗り捨て料金がかかるレンタカーを借りたとしても、時間も延長して借りることになったら乗り捨てをした方が安いのは明らかでした。そのため、東京でも比較的安いレンタカー会社で引っ越し先までの乗り捨て料金が無料になる会社があったので会社はそれで決定しました。

時間的に考えて計算した結果として選んだ一往復半の引っ越し

引っ越しのために何回行き来をするかで悩んだのですが、結論としては二回に分けてレンタカーで荷物を運ぶことにしました。作業と運搬にかかる時間を考えると片道だけであったとしても6時間ではやや心配なので12時間で借りておきたいというのが私が到達した結論です。その時間があれば一往復半をする余裕はありそうだったので、車種として小さめのものを選んで二回に分けて運ぶことにしました。一般的な乗用車を選んで二回で運ぶか、大型のバンで一回で運ぶかという選択だったことから、私が選んだ東京のレンタカー会社の場合には12時間の料金には二倍近い開きがありました。そのため、ガソリン代を考慮しても小さい車を借りた方が安いという結論に達したのです。

東京への家族旅行で安いレンタカーを探したときに注意したこと

東京に高速バスで旅行に出かけたときに現地での交通手段としてレンタカーを選びました。小さな子供がいたのでただ最安値で借りられるという観点だけを考えてレンタカーを決めるわけにはいきませんでした。料金が安いこと以外に注意した点について紹介します。

まず最初に必要になったレンタカーに付ける装備についての検討

東京にバスツアーを使って高速バスに乗って行くのを決めた後、夫婦で話し合って東京での移動手段としてレンタカーを借りることにしました。地下鉄を使えば行きたいところには行けるのは確かだったのですが、ようやく外を歩けるようになったという程度の子供がいたので車の方が安心という結論に達したのです。安いレンタカーを探してみようということになって最初に検討しなければならなくなったのが装備でした。チャイルドシートを借りる必要があるので、その料金を含めて比較をすることが必要になりました。また、子供を車の中で飽きさせないようにしないこととカーナビがないと運転するのが心配ということになり、この二つを装備の条件にして安いレンタカーを探しました。

標準装備になっているレンタカーとオプションで付けるレンタカーの比較

東京で単純に安いレンタカーを探してみるとチャイルドシートもカーナビも別料金になっていました。両方ともレンタルするとそれなりに料金が高くなってしまって他のレンタカー会社と比べて安いのかどうかがよくわからず、比較に手間をかけざるを得ませんでした。一般的な比較サイトを使って安いレンタカー会社を探そうとするとどちらも付いていないのが最安になってしまいます。カーナビについては検索条件で搭載しているレンタカーだけに限定してふるいをかけることができましたが、チャイルドシートについては個々に調べなければなりませんでした。結局はカーナビが標準装備になっているレンタカー会社にオプションでチャイルドシートを付けるのが最安値になりました。

到着地点から事業所へのアクセスの良さを考慮することが重要

このときの東京旅行でもう一つ注意したのがレンタカーに乗りやすくすることでした。高速バスが到着したターミナルからは自由行動になっていたので、その場所からアクセスしやすいところに事業所があることを優先したのです。人混みの中で子供にあまり長距離を歩かせるのは大変だと思っていたので、到着地点から10分以内の徒歩圏内に事業所があるレンタカー会社の中で安い場所を選びました。ただ、実際に行ってみると子供の足の遅さもあって15分ほどかかってしまい、子供をあやしながら事業所まで到着するのに苦労したのを覚えています。小さい子供を連れて東京に行くときにはもっと近場に事業所があることを優先した方が良いと感じました。

週末旅行に行こうと考えて探した東京の便利で安いレンタカー

東京に住むようになって初めてレンタカーを借りたのは週末を使って旅行に出かけようと考えたときでした。社会人になって間もない頃だったので少しでも便利で安いレンタカーを借りようと必死になって探しました。単純に安さだけを追求しなくて良かったと思います。

週末旅行に行く計画を立てたときに重視したレンタカーの安さ

安いレンタカーを借りようというのは週末旅行に行く予定を立て始めたときに最初に考えたことでした。東京に住んでいると普段は電車網を使っていれば十分で、車を買う必要はありませんでした。ただ、旅行に行くとなるとどこにでも気軽に行ける車があった方が良いと考えてレンタカーを借りることにしたのです。週末旅行で行こうとしていたのが車で六時間ほどのエリアだったので、十分に楽しめるようにするには金曜日の夜に出発するのが合理的だと考えました。仕事が終わって準備を整えたら出発して、途中で仮眠を取って早朝には現地に到着するという計画を立てたのです。宿泊費を最小限にしたいという気持ちもあって選んだ計画でした。

夜中発の週末旅行だから考慮する必要があったレンタカー会社の営業時間

安いレンタカー会社を探していたときにふと気が付いて良かったのが営業時間の問題です。自宅の近くで借りられるレンタカー会社に比較的安いのがあったのでそこで借りようとしたのですが、夜8時には営業終了してしまうことがわかりました。残業が多い会社なので8時にレンタカーを仮に営業所に到着できるかというと難しいのが事実で、職場から直行しなければならないと考えられたのです。そのため、もっと遅くの時間でも借りられて安いレンタカー会社がないかと探してみたところ、24時間営業のレンタカー会社も東京にはあることがわかりました。そこで、その中から安さと近さをバランスを取ってレンタカーを予約することにしたのです。

予約の仕方で料金が変わるのでレンタカー予約には注意が必要

東京でレンタカーを借りたのは以前に地元で借りてから随分年月が経ってからだったので予約の仕組みにも違いがあると気づかされました。以前は電話予約が普通だったのですが、ウェブ予約をした方が料金が安い仕組みになっていたのです。選んだレンタカー会社の場合にはウェブ予約をすると5%引きになる仕組みになっていました。最初に電話をかけたときにそのことを教えてもらえたのでウェブ予約をしましたが、そうでなかったら数百円とはいえ損をしてしまっていたと思います。他のレンタカー会社も見てみるとウェブ予約をした方が安い会社がかなりあることがわかり、それ以後もレンタカー料金を安くするためにウェブ予約を優先して利用するようにしています。

都内やっぱり格安レンタカー!初めて利用する方の入門編です。

東京住まいの私にとっては車で移動するよりも断然、電車。23区だけでも約13路線300駅が蜘蛛の巣のように張り巡らせ、切符1枚どこでも行けます。でも週末遠出したい!紅葉みたい!ドライブデートしたい!そんなあなたに必見なのが値段の安い格安レンタカーです。以前に利用した体験談を元にお話しいたします。

スマホ片手にネットでカンタン予約。ご利用車種も豊富なんです。

値段の安いレンタカーといっても企業も東京だけで数社あります。今回はあの笑顔のマークで有名な・・・お分りいただけたかと思います。ということで今度のお休みに予定ができたら早速予約!近くに営業所に電話しなきゃ・・・あ、たくさんある。。。そんな時にお任せください。こちらの企業さんはスマホでもカンタン予約ができるシステムで、日時はもちろん希望の車種をカンタンに探せます。そして僕が気に入っているのがリアルタイムで車種の空きが見れること。希望の車種が近隣に見つからない場合も他の営業所さんにいちいち電話しなくも確認できることが魅力です。さらに僕自身どうしてもその車種を探していたときに直接お電話したらすぐに探してくれました。しかも丁寧に。

とにかくびっくりするほど値段が安い!だけじゃなく接客も丁寧なんです。

では格安と謳ってるのでやはり金額気になりますよね。例えばみなさん通常半日でどのぐらいの料金でレンタルできると思いますか?5000円?それとも10000円??いえいえ格安レンタカーはなんと3800円!!!安い!!開いた口がふさがりませんよね。もちろん軽自動車ではなく普通の乗用車でです。MAX4人で割り勘すると、なんと1人1000円以下。僕自身大手のレンタカーを使用していたのですが一瞬で寝返りました。東京で400万円の車を持つならレンタカーとタクシー使った方が安いって話も聞いたことがあります。あと気になる接客面。もちろんご安心ください。いろいろな場所でレンタルした経験でみなさま本当に親身で、大手さんと遜色ありません。数回利用すると顔も覚えてくださり、いつも乗り慣れた車種にしてくれたりといった驚きのサービスもありました。

では最後にデメリット。時間と車種には気をつけてください。

これまで、安い!サービスも良し!と散々申し上げましたが、大手さんと比較しデメリットもございます。まずは返却時間など利用時間に制限があるということ。通常24時間がレンタル可能というのが主流ですので勘違いしやすいのですが格安レンタカーは専門営業所が少なく、ほぼガソリンスタンド内での営業が主流です。ですので「営業時間=レンタル可能時間」となり、場所によってまちまちですが平均8:00〜20:00。ですので最大のデメリットは夜遅くまで使用できないのです。ですが夜遅く使用したい方は24時間レンタルをして楽しむのが良いでしょう。金額も安いですし。それとたまになんですが、すごーく古い車が出てきたりします。写真と違うぞ??と思うことが。初ドライブデートでは少し恥ずかしい・・・いやビンテージカーだと思って乗りこなしましょう。ではみなさん次のお休みは格安レンタカーで東京からエスケープ!いってらっしゃいませ。

物価の高い東京で安いレンタカーを借りるならここがおすすめ!

物価が高い東京では、レンタカーも気持ち割高なことが多いのです。しかし、上手に探してみると安いレンタカーを見つけることが出来ます。では、東京で借りることが出来る安いレンタカー会社とは、いったいどのようなものなのでしょうか。私の経験と照らし合わせながら紹介していきます。

ニコニコレンタカーは全国屈指の安さで車を提供してくれます

まず始めに、東京で安いレンタカーを借りることが出来ると言えば、ニコニコレンタカーがあります。ガソリンスタンドに併設されていることが多く、気軽にレンタルすることが可能です。また、返却する際には、その場でガソリンを満タンにすることが出来ますので、安いだけでなく非常に合理的です。私は制限時間ギリギリにレンタカーを返しに行くことが多いので、その場でガソリンを入れることが出来るというのは嬉しい限りです。時間ギリギリまでカーライフを楽しみたいという方には最適だと思います。また、なぜ安いのかと言いますと、少々難ありの車が多いということが挙げられます。ただし、安全性には全く問題がないので安心です。

驚くほど安いガッツレンタカーは東京の西側に集中しています

続いては、東京の西側に集中して店舗がある、ガッツレンタカーが挙げられます。インターネット上で地域最安値を謳っているいるだけあり、驚きの安さで借りることが出来てしまいます。レンタカーの車種も豊富で、私はよくワゴンRを借りています。1日から1か月まで幅広い期間を選ぶことが出来るのですが、私は基本的に1日だけ借りることが多いです。2000円くらいで借りることが出来ますので、かなり安いですね。レンタカー代を節約した分、他のところで楽しむことが出来ますので、合理的な休日を過ごすことが可能です。もちろん、毎回プロの整備士による整備もきちんとなされていますので、安心安全なカーライフを送ることが出来ます。

お値段にびっくり!すること間違いなしの100円レンタカー

最後は、東京にも多くの店舗がある100円レンタカーです。ここまでくると安いというよりも、驚きしかありません。ただし、1日100円というわけではなく、10分で100円です。ただし、週末にスーパーで大量の食材を買いたい、大きな家具を車に積んで家まで持ってきたい、大量の漫画を売りに行きたい…などという時に非常に便利です。1日レンタルする必要がない時には、大活躍してくれますね。大体1~2時間で済んでしまう用事が多いので、2000円~3000円で車を使うことが出来るのです。車を持っていると維持費がかかってしまいますので、このようにして上手にレンタカーを使うのは非常に賢い方法だと思っています。

知っておきたい東京の格安レンタカー!その人気の秘密とは?

東京には、24時間365日いつでも借りられる安いレンタカーがあります。
なぜ安いかというと、長距離走行したような車や、年式の古い車を利用しているからです。そういう車だとレンタルするのに不安を感じるかもしれませんが、適切なメンテナンスを適切に行っている限りは、安全性に問題ありません。
より新しく、より高機能な車はどんどん高くなっていきますが、人気のない車は低い評価を受けてしまいます。そして中古車市場でも売れ残ってスクラップにされてしまうこともあります。

古い車でも問題なし!

 

格安のレンタカー会社では、走行性能が失われていない低年式車を整備・補修しなおして、車を再利用できるようにしています。
自由に好きな時間だけ利用できることで、店舗数とユーザー数が伸びています。
さらに利用者のアンケート結果から不満を聞き出して、サービスを向上させようとしている努力も見られます。

例えばSクラスであれば、6時間までの一般価格が2,500円、12時間までが2,900円、24時間までが4,300円、48時間が8,600円で、延長の場合は1時間までで1,250円追加すればOKです。
さらに会員になると割引されてさらに安く乗れるようになります。
大きめの車両でも会員だと48時間借りて、18,800円程度に抑えることができます。

軽自動車で東京近郊をまわってもいいでしょうし、少し遠くまで行きたいならそれも可能です。
中古車というとどうしても避けてしまいがちですが、新しい車種にはこだわらない、ドライブができたり、目的に着ければOKという人ならば問題なく借りることができます。

レンタカーを借りて普段いけない場所に行こう!

空港付近から少し遠乗りするのであれば、コンパクトカーで4,200円〜が相場です。これなら奥多摩湖に東京都内から日帰りで行き、春は桜を楽しんだり、秋は紅葉たのしめます。遊歩道を歩いてハイキングすることもできます。駐車場も複数あるので便利です。

夜景を楽しみたいならば、若洲海浜公園がいいです。ライトアップしたゲートブリッジを眺めることが可能です。デートスポットとしても人気が高いです。

美味しいものを食べに行きたいなら、築地市場が適しています。お食事処が閉まる時間が13時頃と早いので、朝早めに出かけるとちょうどいいでしょう。
車があれば普段は電車で行けない場所にも行けて、いろいろな楽しみ方ができるのがメリットです。
避けられがちな中古車も活用すれば、より安く利用することができます。

🚘👙 * 0924 * 4年生とレンタカーでサマーランド(初) 屋外寒すぎたけど楽しかった〜〜 * #東京サマーランド #寒い #レンタカー #ドライブ #時間差すぎ投稿 #時間差 #アップチャレンジ #5

Misakiさん(@mstaaagram)がシェアした投稿 –

東京の便利で安いレンタカー!車の耐久性が安さの理由って!?

旅行や出張をする場合、旅先などでレンタカーがあると非常に便利ですね。公共交通機関を使っても良いのですが、タイムリーな移動が難しい場合があります。そのような時には車を借りるのが得策です。東京にも非常に安い価格で借りることができるお店があります。そのようなお店は、ガソリンスタンドや車の修理工場などと併設されているケースが多くなっています。そこは現在ある店舗設備や程度の良い中古車を使用することで、かなりの低価格でレンタルすることが可能になっています。私たち利用者側にとって、たいへん便利なビジネスモデルと言うことができるでしょう。

格安の理由は最近の車の耐久性

では、なぜこのような安い価格でレンタルが可能になっているのでしょうか。昔と違い、今の車は非常に耐久性が高くなっています。それは日本の中古車が海外へゆしゅつされたり、今でも元気に活躍していることからも、その性能や耐久性の高さが分かるでしょう。しかし日本国内では、走行距離が長い車は敬遠されています。低年式車や走行距離が長いものでも十分な性能を維持しているのですが、それが海外へ輸出されたりスクラップとして廃棄されることはたいへんもったいない話しです。しっかりと整備すればまだまだ使えるのです。ローコストなお店はこの点に注目しています。特に出張など仕事で使用する場合、あまり贅沢な車を使うことは少ないでしょう。

出張先で製品を積み込み、配送するのであればなおさらです。このような時には低価格なレンタカーが最適です。わざわざ新しい車を借りる必要はありません。新車であれば傷をつけたりしないかなど、たいへん気を使ってしまいます。十分な性能を維持した低年式車であれば、さほど気にする必要もないでしょう。そのほうが気が楽というものです。またこのようなお店では、1時間などという短い単位で借りることができるようになっています。

短時間で借りられるのも魅力

ちょっとした荷物の配送や短時間の買い物、友人の送り迎えなどという場面で、それを使うことができるケースがたいへん多くなっています。私たちの生活の幅も広がります。9時間や12時間など長い時間単位で借りる場合、時間を余らせてしまうこともありますので、短時間でレンタルできるというのは非常に魅力的です。東京という大都市では様々なビジネスが存在します。その中では本当に短い時間しか必要ない、という人たちもいます。安いというメリットを最大限に活用し、生活やビジネスに利用していきたいものです。

東京の格安レンタカー比較!各業者が行っているサービスを検証!

東京で格安でレンタカーを貸している業者は、なぜ格安で貸すことができるのでしょうか?
実は、これはすでに人気がなくなった低年式車をリサイクルしています。
年式が古くなった車は、どんどん中古市場に流出していきます。値段を下げても買い手がつかない場合、その車は廃車処分になってしまいます。

つまりスクラップにされて人生が終わってしまうということです。
これに目をつけたのが、安い値段でレンタカーを貸し出す業者です。この低年式車をしっかり点検、整備しなおすことで、走行性能をしっかり保たせて走るのには問題ないようにしています。
リサイクルした車と聞くと、安全性に問題があるのではないかと感じるかもしれませんが、保険や免責補償などがついている業者の車を選べば、万が一何かあってもそこから支払われるので大丈夫です。

お客さんの声に耳を傾けている

また、こういう業者ではちゃんと走れてサービスの質が落ちないように、お客さんの声を車両にフィードバックさせています。具体的には、スマートフォンなどでアンケートをとって、その後の車両整備のために役立てています。

東京で格安で借りたいならば「ワンズ」「ニコニコ」などのレンタカー会社が適しています。店舗数が多いので、様々な場所から乗ることができます。これらのお店は激安です。中古車を再利用しているので、徹底的に車両費用を抑えることができています。

車は乗れればそれでいいという人は、中古車を走らせるのも悪くないでしょう。また、低年式車が好きなマニアックな人も、かえって好きな車両に出会える可能性があります。
中古車を買いたいけれども、どんな感じなのか試したいという人にも適しています。

遠出したいのらワンウェイサービスを提供しているところ

また、遠出をしたいというのであれば「トヨタレンタリース」のような乗り捨て可能なワンウェイサービスを提供しているお店を選ぶといいでしょう。乗り捨て可能というのは、路肩に乗り捨てていいというわけではありません。
そうではなくて、出発した店舗と返却する店舗が別々でもOKというサービスです。これならわざわざ出発した地点まで戻らなくて済むので、片道だけ走りたいという人にも適してます。
東京は公共交通機関が発達しているので、帰りは電車か地下鉄で帰ってくるということも可能です。

行きはドライブを楽しむということもできますし、もちろん逆も可能です。最近のレンタル会社はネットから申し込みできるようになっているので、出先でもスマートフォンがあれば予約可能です。